当事務所の考え

日本で商売をし、一定の成果を上げればそこに税金はついてまわります。
個人の小さかった商売が拡大していけば個人経営から法人組織に変わります。それに伴い税金は、所得税・消費税・法人税へと税目も増えていきます。
1人で始めた商売がやがて大きな組織体に変化していく事は当事業所の喜びであり使命であると考えます。

 

  • 会社設立

有限会社・株式会社、それぞれの特性を生かして設立時に判断いたします。

  • 帳簿書類の作成

帳簿と言っても各種帳簿がありますが、税務上重要とされるのが現金出納帳・総勘定元帳(経費帳)です。
現金出納帳については、日々の現金の動きを記帳し日々残高を確認します。
家計簿や小遣い帳の延長線上のもので決して難しいものではありません。少しの細かさが要求されます。

総勘定元帳(経費帳)は、その科目ごとに金額を集計していくものでここから税理士事務所の仕事となっていきます。

| HOME | 事務所概要 | 業務内容 | 税法の情報ページ | 最新ニュース | 年末調整 |

小池税理士事務所
最終更新日: 2005年12月6日